相談

離婚のトラブルは弁護士に相談しよう|良い弁護士を探して早期解決

登記のスペシャリスト

事故

登記簿の作成

土地や家屋は誰が所有しているのか、外見だけではわかりません。家屋に住んでいるからといってもその人のものとは限りません。このような土地、家屋の所有者をはっきりさせておかないと、社会の秩序は保てないことになってしまいます。東京にも所有者がある土地や家屋はたくさんあります。一方日本にある、会社という法人組織もどのくらいの資本金で責任者は誰かということを明確にしておかないと、勝手に会社を作って責任のない会社が出現してしまい社会秩序が保てなくなってしまいます。このように国民の権利関係を明確に第三者にわかるようにしてあるのが登記簿です。そこで必要になってくるのがこの登記簿の手続きをする代理人で、それを行っているのが司法書士になります。東京でも多くの司法書士が活躍しています。

親切でなければ

全国には8か所の法務局があって、その下に地方法務局が置かれています。地方のほとんどの主要都市には地方法務局があります。その下に出張所があり登記所の近くには司法書士の事務所が並んでいます。東京でも多くの事務所が存在しています。登記というのは土地や家屋などの不動産の所有権を登記する場合と、株式会社、有限会社、合名会社などの商業登記の二つがありますが、この二つとも司法書士の仕事になっています。法令や実務に精通するばかりでなく、公正かつ誠実に業務を行わなければ司法書士の役目は果たしていけません。そのためには依頼者に親切で十分理解してもらえるように、丁寧に説明をしなければ司法書士としては評価されません。東京にも親切な司法書士は多くいます。